FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-31 10:41 | カテゴリ:活動報告
外国人入居促進研究会の活動

 当研究会は2000年4月に外国人入居を促進するための研究会として日本賃貸住宅管理協会内に設立。実務上の運用ルールの構築、マニュアル作り、そして、研究結果を基に結果等を分析しながら、具体的に会員の皆様に利用していただける情報の提供をしてまいりました。

〇外国人入居支援BOOK(2002.4作制)  来店受付から契約までの業務手順をフローチャートにまとめ外国人受け入れ経験の少ない不動産業者 向けガイドブックを作製。
  ・来店受付カードは解説書も含め多言語(中国語、英語、韓国語)の物を用意。

〇外国人入居支援シンポジウム(2002.4.16開催)  研究会発足2年間のこれまで培ってきた入居支援の方策発表をするとともに、出席者全員と一緒に外 国人対応の原点を考えてみるシンポジウム開催。
  
〔第1部〕フローチャートで学ぶ外国人対応実務のポイント
     英、中、韓-3カ国語版「入居申込み書」解説
     日本で初めての外国人対応営業ハンドブックの解説など
〔第2部〕全国の管理会社に聞いた、日本で唯一のアンケート調査発表
     76%の会員が取り組むと回答-各社の工夫を紹介
〔第3部〕パネル討論会
     
〇外国人居住安定化のガイドライン(2003.12作制)  外国人入居支援ブックやシンポジウムまたは外国人入居促進セミナーを通じて、不動産業者が賃貸借 業務に関する具体的な知識や実務上の運用ルールを習得する必要があると感じ、不動産業者向けにガイ ドラインを作制。

○『外国人居住安定のためのガイドライン』制作記念シンポジウム(2004.1.22)
○南開大学セミナー (第1回2003.9.5)
○南開大学セミナー (第2回2004.7.9)
○ガイドラインセミナー  関西支部(2回)・北陸支部・甲府支部
スポンサーサイト
2007-08-31 10:50 | カテゴリ:活動報告
20070831104910.jpg

2002.7.5 13時より、外国人入居促進研究会ではプレ講座を開催しました。

2007-09-03 16:17 | カテゴリ:活動報告
外国人居住の安定方策を考える検討委員会が設けられ、当研究会からもメンバーが参加しました。
20070903161652.jpg

2007-09-03 16:20 | カテゴリ:活動報告
中国天津市・南開大学訪問リポート

 南開大学日本研究院主催の「東アジアの区域経済協力国際シンポジウム」に参加し、特別に設けていただいた分科会にて、日本における賃貸借事情の説明と研究会の成果物である「外国人入居安定化のガイドライン」の説明、そして「日中留学生入居促進協議会準備室開設」の提案を目的に参加してまいりました。

「東アジアの区域経済協力国際シンポジウム」は、2003年9月5日~8日にかけて南開大学にて開催され、中国国内、韓国、そして日本から多くの貴賓、学術研究者の参加を得て盛大に執り行われました。

 昨年の大会では石原伸晃大臣が南開大学の招待を受け、東アジアの政治・行政改革について基調講演されています。
 (別紙 天津・南開大学にて基調講演 参照)

・開会式
 開会式は8時30分より始まり、南開大学学長、日本国際交流基金北京事務所所長、そして南開大学日本研究院院長から開催者としての挨拶がありました。その後、特別講演、基調報告、そして各研究員からそれぞれのテーマの報告がなされました。

・分科会
 今回特別に日本語学院にご配慮いただき、私達は外国人入居促進研究会のための分科会を開くことが出来ました。
 分科会は同日14時~16時までの2時間、日本語学科3年生約30名に参加していただき、日本の賃貸借事情、日本でアパートを借りる場合の留意点などを説明、また住居確保に苦労している外国人のために作成した「外国人入居安定化のガイドライン」の説明等を質疑応答を交えながら行いました。
 学生からは「なぜ、保証人が必要なのか」、「保証人は学生の友達ではダメなのか」など活発な意見、質問が出て感心の高さを感じることができました。
 最後に、来日する外国人留学が当初の目的を達成することの出来るよう、住居確保に困らないよう、お互いに相手国の文化を尊重しつつ、事前に風通しを良くすることによって、スムースな留学生活を送れるための「日中留学生入居促進協議会準備室開設提案書」を日本語学院 王院長にお渡ししてまいりました。
2007-09-03 16:38 | カテゴリ:活動報告
〈外国人居住白書作成〉

 前回(2007.12)インド人が最近増えているという西葛西地区の調査を行いました。が、まだ調査が十分でないことや、前回調査から半年が過ぎてその間になにか変化が現れているのでは、ということで前回と同じく市民グループ(まち居住研究会)と一緒に調査することにしました。


20070903163059.jpg


真夏の暑い中も厭わず、総勢8名で午後2時に西葛西の駅に集合し夕方まで、インド人が多く住むという団地や最近出来たというインド人対象の食材店などを見て周りました。

20070903163539.jpg


3ケ月前に駅前スーパー内にオープンしたインド人向け食材店

20070903163609.jpg


こちらも最近できたインド人向け雑貨店
 (インド人の娯楽である映画ーDVDも400円と格安の値段で置いてありました。)
20070903163723.jpg


店内のようす

20070903163750.jpg

2007-12-19 16:26 | カテゴリ:活動報告
昨日(2007.11.15)飯田橋にある全国消費者生活相談員協会からお招きを受け、最近の賃貸事情についてお話をさせていただきました。特に外国人の動きについては日管協で作成したガイドランをお見せしながら具体的な事例を交えて説明してきました。

 外国人居住についての相談もはいるということで、今後はガイドラインを相談の際のツールとして活用いただけそうです(外国人対応に悩んでいる大家さんや不動産会社に告知)。

2008-01-12 16:56 | カテゴリ:活動報告
昨日(2008.1.11)京都で「あんしん賃貸支援事業の説明会」があり、多くの参加者(150名)をいただき盛況のうちに会を終了することができました。

説明会で「外国人は、こうすれば安心して賃貸できる」というタイトルで話をさせていただきましたが、その下準備として京都における外国人対応について役所などに行きヒヤリングさせていただきました。

駅ビルにある京都市国際センターを訪問・・・
ここでは「5ケ国語による外国人生活相談」をおこなっていました。この日は日本人相談員の外にシアトル出身のアメリカ人相談員もおりました。
センター内には日本、日本文化についての多くの本やパンフレットも置いてありました。



2008-01-12 17:44 | カテゴリ:活動報告
 京都市役所の国際課を訪問

 役所で用意している外国人のための生活ガイドブックをもらってきました。これは(財)京都市国際交流協会が発行しているものなのですが、とてもよくできたものです。韓国語、中国語版をいただきましたが、もちろん英語版もあるそうです。生活ガイドブック韓国語版

2008-06-23 11:19 | カテゴリ:活動報告
日管協 News Release
財団法人 日本賃貸住宅管理協会

四川大地震被災者への義援金、中国大使館を通じて寄付

財団法人 日本賃貸住宅管理協会(会長 北澤艶子、東京都千代田区、略称・日管協)
は6月11日、中国大使館の許澤友総領事と面会し、会員企業187社から寄せら
れた中国・四川大地震被災者への義援金として総額260万5千円をご寄付いたし
ました。

日本には現在、約60万人の中国人が居住しており、多くの留学生などが会員企業
の管理物件に入居している等、常日頃から日中友好を育んでいたため、今回の支援
はごく自然のことと考えています。

幣協会 国際交流委員長・荻野政男のコメント
「187社もの多数の会員企業から寄付ができたことを大変嬉しく思います。現在、
日本で居住されている中国籍の方は、韓国籍の方に次いで2番目に多い。留学生の
方を筆頭に、われわれの業界にとって極めて身近な存在であることと、日本人は震災
の怖さをよく知っているということ、そういったことから多くの義援金が集まったの
だと思います。今後も様々な活動を通じて交流を深めていきたい」

中国大使館・許澤友総領事のコメント
「四川省は山林に囲まれた地域で、支援活動は非常に難航しています。今回のご支援
は、四川省の一刻も早い復興に役立てたい。日本の方々からは、数々の心温まるご支
援をいただき、本当に感謝しています」
2008-07-26 17:36 | カテゴリ:活動報告
昨日(7月25日)

日本賃貸住宅管理協会(東京支部)の第7回納涼例会が開かれました。

恒例となった東京湾ディナークルーズですが、今回はアンデス音楽バンド(KALLPA ANDINA)を

特別ゲストとしてお迎えし、彼らの奏でる音楽で会場は大いに盛り上がりました。

演奏途中、国際交流委員会のJPMロシア大使がバンドのメンバーに日本での生活などについて質問をしました。

その様子
アンデス音楽1WEB

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。