FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-03 16:20 | カテゴリ:活動報告
中国天津市・南開大学訪問リポート

 南開大学日本研究院主催の「東アジアの区域経済協力国際シンポジウム」に参加し、特別に設けていただいた分科会にて、日本における賃貸借事情の説明と研究会の成果物である「外国人入居安定化のガイドライン」の説明、そして「日中留学生入居促進協議会準備室開設」の提案を目的に参加してまいりました。

「東アジアの区域経済協力国際シンポジウム」は、2003年9月5日~8日にかけて南開大学にて開催され、中国国内、韓国、そして日本から多くの貴賓、学術研究者の参加を得て盛大に執り行われました。

 昨年の大会では石原伸晃大臣が南開大学の招待を受け、東アジアの政治・行政改革について基調講演されています。
 (別紙 天津・南開大学にて基調講演 参照)

・開会式
 開会式は8時30分より始まり、南開大学学長、日本国際交流基金北京事務所所長、そして南開大学日本研究院院長から開催者としての挨拶がありました。その後、特別講演、基調報告、そして各研究員からそれぞれのテーマの報告がなされました。

・分科会
 今回特別に日本語学院にご配慮いただき、私達は外国人入居促進研究会のための分科会を開くことが出来ました。
 分科会は同日14時~16時までの2時間、日本語学科3年生約30名に参加していただき、日本の賃貸借事情、日本でアパートを借りる場合の留意点などを説明、また住居確保に苦労している外国人のために作成した「外国人入居安定化のガイドライン」の説明等を質疑応答を交えながら行いました。
 学生からは「なぜ、保証人が必要なのか」、「保証人は学生の友達ではダメなのか」など活発な意見、質問が出て感心の高さを感じることができました。
 最後に、来日する外国人留学が当初の目的を達成することの出来るよう、住居確保に困らないよう、お互いに相手国の文化を尊重しつつ、事前に風通しを良くすることによって、スムースな留学生活を送れるための「日中留学生入居促進協議会準備室開設提案書」を日本語学院 王院長にお渡ししてまいりました。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://jpm5379kokusai.blog102.fc2.com/tb.php/19-84020819
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。