FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-04 13:01 | カテゴリ:メディア(新聞・雑誌)
「外国人入居支援シンポジウム」がNHK国際ラジオで放送されました。下記はインタビュアーとのやり取り内容です。

①なぜ今、シンポジウムを開いたか?
 ご存知の通り、今年日本でワールドカップが開催されます。しかも、日本と韓国が一緒になってのものです。開催地はもちろん、練習地の地方都市においても、外国人サポーターの受け入れにてんやわんやの状態です。

 ワールドカップで来日される方は、もちろん短期滞在の方ですから、私たち不動産業者の取り扱っている、中長期滞在型賃貸アパート、マンションのお客様になるわけでは無いのですが、「外国人の住居確保、受け入れ方法」というキーワードは同じで、潜在的にあった問題が、今回ワールドカップを機にまた問題提起され注目され始めました。

 そこで2年前より始めた私達の研究会「外国人入居促進研究会」の、活動発表を兼ね、今回シンポジウムを計画しました。

②シンポジウムには多くの不動産会社が参加していますが・・・・
 日本は既に少子化の影響で、若年層が減り始めています。これは取りも直さず、賃貸入居者が減っていく事を示唆しており、一方では外国人が年々増加しています。私たち不動産業者としては、新たな入居者として外国人を積極的に受け入れる事が、自社の経営上、そしてアパート経営安定化のためにも必要な事と考え始めました。

 また、今までは外国人が居住するエリアが限られていて、一部エリアの 問題であったが、近年は外国人居住エリアは日本全国広範囲にまたがり始めました。今回も日本全国から不動産業者が参加しています。今まで外国人受け入れ経験、体験の少ない業者が、より良い対応方法を勉強する目的で参加してくれたと思います。
 
③日本の外国人向け賃貸が抱えている課題・問題点・・・
  一番の問題は、貸す側、借りる側お互いが言葉の問題も含め慣れていません。次に日本の仕組みが煩雑で、しかも合理的でなく、慣習的なものが多く外国人にとっては解りにくいものです。たとえば礼金、退室時の敷金の精算方法また更新料など。保証人の問題も有りますね。

(英語版)
 As you know, the World Cup is held in Japan this year. Also deer Japan and South Korea become together. It is a practice ground as well as a venue. Also in a local city, it is in utter confusion to acceptance of a foreigner supporter. It is a state. those who visit Japan by the World Cup are natural -- since it is the direction of short-term stay A long-term stay type lease apartment while we and the real estate agent are dealing with it, and it becomes the visitor of NSHON -- dividing -- coming out -- problem which the keyword "the method of a foreigner dwelling-securing and accepting" had, and suited potentially although there was nothing At the time of the World Cup, problem institution is carried out again and it began to be observed this time. Then, our study group begun from two-year before "foreigner moving-in promotion study group", It served as the activity announcement and symposium was planned this time.

Under the influence of a decrease in the birthrate, Japan's younger age group is already beginning to decrease. This is taken. It has suggested that do not correct but lease tenants decrease in number, and, on the other hand, a foreigner It is increasing every year. as a tenant new as us real estate agents accepting a foreigner positively -- the management top of its company, and apartment a law -- I began to think that it is required also for-izing moreover, the area in which a foreigner resides restricts until now -- having a part area although it was a problem -- recent years -- foreigner habitation area -- a national [ Japan ] large area -- straddling -- . The real estate agent has also participated from the Japan whole country this time. The correspondence method with a more sufficient contractor with little [ until now ] foreigner acceptance experience and experience I think that it participated in order to study.

The problem of language has not got used for each to include the first problem the side to borrow the side to lend, either. Next, structure of Japan is complicated and, moreover, a thing that it is not rational and customary is a foreigner mostly. It is unclear if it takes. For example, the settlement-of-accounts method of a reward and the deposit with landlord at the time of leaving It is a renewal charge etc. again. Is there also any problem of a guarantor? "About a foreigner house"
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://jpm5379kokusai.blog102.fc2.com/tb.php/29-4d267308
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。